ファクタリングで資金調達するメリット - ファクタリングに必要な書類

ファクタリングで資金調達するメリット

subpage-img

ファクタリングとは、売掛債権を売却することで、資金を調達する方法です。

ファクタリング情報が探せます。

19世紀末にアメリカで始まった金融サービスで、日本では1970年になってから、全国で利用がスタートしました。
中小企業の資金調達手段としては、担保が不要なので、銀行から融資を受けるより便利です。



利用手順としては、ファクタリングを提供している業者が、中小企業などが持っている売掛金を買い取ります。

その際、償還請求権なしで買い取るのが特徴です。

売掛債権を買い取ってもらった企業側は、その資金を様々な場面で運用できることになります。しかも融資という形で記録が残らないため、外部に資金調達の事実が判明しません。
またファクタリングサービスを提供している業者は、会社運営のプロなので、経営面での問題に関して、多くの貴重なアドバイスを行ってくれます。最終的に企業の収益がアップした段階で、買い取った売掛金を回収します。

このようにファクタリングでは、必要に応じて売掛債権を売って、サービス会社から代金を受け取ります。

さらに債権の回収日まで現金不可能な売掛金があるなら、期日前に現金化できるという優れたサービスです。しかも貸借対照表上は負債にならないため、融資を受けたことになりません。
売掛金が回収できなくなったなら、その時はサービス業者側が、回収リスクを負担してくれます。



従って支払い義務が発生することもありません。

その点でも、このファクタリングは優れた資金調達法と言えます。

top